Webサイトの表示速度を改善する(画像圧縮やCSS最適化など)

Webサイトの表示速度を改善する(画像圧縮やCSS最適化など)

2018年2月14日に加筆・修正をしました。

凝った作りのWebサイトは、どうしても重くなって表示速度が落ちます。画像やCSS、javascriptも圧縮しているのに、なぜか重い。そういうケースに遭遇したので試したことを残します。

画像の圧縮率を上げる

ページを重くするのは結局、画像です。TinyPNGなどのサービスで画像を圧縮するのが手軽です。また、gulpを使用している場合、gulp-imageminのimagemin-optipngより圧縮率の高いモジュールがありますので、それを使うと便利です。

imagemin-pngquant

npm

画像を非可逆圧縮するみたいで、圧縮効果はTinyPNGと同等なようです。

npmでインストール

npm install -D imagemin-pngquant
// or
npm install -S imagemin-pngquant

gulpfile.js

var pngquant = require('imagemin-pngquant’);

gulp.task("build:images:minify", function () {
return gulp.src([
    src + "/images/**/*.@(gif|jpg|png)",
    "!" + src + "/images/favicon-master.png"
    ])
    .pipe($.changed(build + "/images"))
    .pipe($.imagemin(
    [
        pngquant({
            quality: '65-80',
            speed: 1,
            floyd:0
        }),
        $.imagemin.optipng()
    ],
    imageminOpts
    ))
    .pipe(gulp.dest(build + "/images"))
});

var imageminOpts = {
    interlaced: true,
    progressive: true,
    optimizationLevel: 5
};

書き方はGulpでpngquantを使ってPNGの減色&軽量化を参考にしてます。

CSSセレクタ指定を工夫する

階層を意識したCSSセレクタの指定 / Sassで触れています。

ブラウザキャッシュを設定する

Webサイトへの2回目以降のアクセスについて効果が出ます。PageSpeed Insightsで推奨されている内容でもあります。有効にするには、Cache-ControlヘッダやExpiresヘッダを使用して.htaccessに設定します。Cache-Controlヘッダを使用するのが主流なようですが、Expiresヘッダと併用することもできるようです。このことについては、ブラウザのキャッシュよるサイトパフォーマンスを向上させる方法でくわしく解説されています。

.htaccessにCache-Controlで設定

# 1日: 86400
# 30日: 86400* 30 = 2592000
# 3ヶ月: 86400 * 30 * 3 = 7776000

# gif、jpg(jpeg)、png、ico、js、css、gz を3ヶ月間ブラウザキャッシュさせる
<Files ~ ".(gif|jpe?g|png|ico|js|css|gz)$">
    Header set Cache-Control "max-age=7776000"
</Files>

# gif、jpg(jpeg)、png、ico、js、css、gz を前回のアクセスから30日間ブラウザキャッシュさせる
<Files ~ ".(gif|jpe?g|png|ico|js|css|gz)$">
    Header set Cache-Control "max-age=A2592000"
</Files>

WordPressプラグインを使う

WordPressを使ったWebサイトの場合、便利なプラグインがありますので紹介します。フロントエンドでできるだけのことをやって、あとはこれらのプラグインを使えば大抵なんとかなると思います。

EWWW Image Optimizer

プラグインページ

アップロード済み・プラグインインストール後のアップロード画像のメタデータ削除などを行って、OptiPNGで圧縮・最適化できます。

WP Fastest Cache

プラグインページ

WordPressキャッシュプラグインの最終兵器「 WP Fastest Cache」を見て使ってみましたが、使いやすいプラグインです。このプラグインを有効化するだけでPageSpeed Insightsの評価は上がりました。

CSSを非同期で読み込む

Filament Group, Inc.というところがjavascriptライブラリloadCSS.jsを公開されてるようです。このライブラリを使えばCSSの非同期読み込みができます。合わせて公開されているonloadCSS.jsはCSSロード後に実行するjavasciptを指定する場合に使います。これでGoogle Fontsも非同期で読み込めます。

デザイナーやディレクターも知っておきたい、ページ表示速度の高速化の基本 | Rriverで紹介されていました。

[未検証]CSS内の不要な記述を削除する

CSSセレクタ指定の工夫よりも簡単に効果が出るはずな方法ですが、自動削除ツールでもないと大変な作業です。今のところ、Wordpressテーマ作成に使えるツールはないようですが静的サイトをgulpやgruntを使って制作する場合、gulp(grunt)-uncssが使えそうです。

僕がGulpで使っているプラグインとnode.jsモジュール一覧で紹介されてます。

phpファイルを精査できるツールがあれば、ぜひtwitterなどでレスいただけると大変助かります。。。
以上です。

Author

  • Shinichi Kuroda - 黒田晋一
  • 香川県高松市 - Takamatsu-shi, Kagawa, Japan.
  • Mail - info@studiobusstop.com