PHPでiPadとiPhoneのUser-Agentを取得

先日、
ウェブサイトをiPadにも対応させてみようかと思っていると、Twitterのタイムラインに、iPad Detection Using JavaScript or PHPという記事を発見。
ご覧になっている方も多いかと思います。

User-Agentを判別した後、それをどう使うかは状況によって様々だとは思いますが、記事で紹介されている内容をCSS振り分けに使うとどう なるのか、試しにやってみました。

共通のテンプレートで条件分岐させるなら、とりあえずPHPで判別するのがラクなので・・・

$isiPhone = (bool) strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'],'iPhone');
$isiPad = (bool) strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'],'iPad');

これで、iPhoneとiPadを判別できる、はず。
ちなみにiPhoneシュミレータとUser Agent Switcherで確認しただけで、実機検証はしていません。

判別が出来れば、あとは条件毎にPHPにソースを書いてもらえばいいので・・・

if($isiPad){
    echo(
        '<link rel="stylesheet" type="text/css" media="only screen" href="(iPad用CSSのパス)" />'."\n"
    );
}else if($isiPhone){
    echo(
        '<link rel="stylesheet" type="text/css" media="only screen" href="(iPhone用CSSのパス)"/>'."\n
    );
}else{
    echo(
        '<link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen, projection" href="(PC用CSSのパス)" />'."\n"
    );
}

これで済むかと。

とりあえず、備忘録として書いてみました。

Author

  • Shinichi Kuroda - 黒田晋一
  • 香川県高松市 - Takamatsu-shi, Kagawa, Japan.
  • Mail - info@studiobusstop.com