ポスターカラーと紙

ポスターカラーと紙

透明感のある質感をアナログメディアで作ろうと思い、ポスターカラーと3種類の紙で検証してみました。

3種類の紙

今回はボール紙と光沢紙、画仙紙を用意しました。

ボール紙

paper01

筆ムラと透明感がちゃんと残っています。ボール紙はプリンタ用紙にもれなく付いてくる台紙を利用。

光沢紙

paper02

インク吸収層の優秀さを実感。今回の場合、この優秀さがむしろ邪魔に。

画仙紙

paper03

光沢紙に比べて、インクの吸収具合は弱くマシな印象。

画仙紙その2

paper03-02

ついでに画仙紙でデカルコマニーをしてみたところ、おもしろい魚拓がとれました。

検証結果

ポスターカラーを吸収しすぎず、ある程度、定着させられるのはボール紙である(2014年4月9日)。

Author

  • Shinichi Kuroda - 黒田晋一
  • 香川県高松市 - Takamatsu-shi, Kagawa, Japan.
  • Mail - info@studiobusstop.com