自社商品やサービスのことを知ってほしい思いからWebコンテンツを制作する方は多いと思います。当然、ただ知ってもらうことが目的ではなく話題にしてもらったり買ってもらったりすることが目的のはずです。そういった目的をできるだけ早く達成する方法として、ピボットを前提としたWebコンテンツづくりをご紹介します。ピボットは方向性を変えることを意味する用...

2018年4月5日に加筆・修正をしました。Webサイトで商品やサービスを表示する際に、多商品・多分類となるとリンク階層が深くなりがちです。リンク階層が深くなるとクリック数も増えるので、見る人はなかなか目的のページに辿り着けません。今回はクリック数を意識して動線を考えてみます。スーパーマーケットの動線を考えてみる普段の生活で考えてみると、多くの商...