ネットショップサービスの比較 (STORES、BASEほか)

比較対象を追加しましたので2017年9月14日に加筆・修正をしました。

初期費用無料のネットショップサービスについて比較した内容です。こういうサービスがきっかけでネットショップが増えることは買う側にとってメリットが大きいはずです。田舎者の自分からするとそうなって欲しい限りです。

サービス利用のメリット・デメリット

まずは考えられる、サービス利用のメリットとデメリットを挙げてみます。

メリット

デメリット

  • 外部サービスなので、自社サイトやランディングページから直接購入できない(購入ボタンの埋め込み機能がある場合は除く)。
  • 入金までにタイムラグが発生する。
  • もし、サービスが停止した場合は代替策を用意する必要がある。

比較するサービス

今回、比較するのは下記の3つのサービスです。

利用料金

サービス名 月額料金 1件の注文ごとの決済手数料 備考
STORES フリープラン:無料
プレミアムプラン:税別980円
5% スピードキャッシュは振込手数料250円と翌日振込手数料3.5%が別途必要/件。
コンビニ決済の場合は別途支払手数料200円/件を購入者が負担。
BASE 無料 3.6%+40円、
後払い決済は6%
コンビニ決済の場合は別途支払手数料300円/件(Pay-easy利用)を購入者が負担。
オプション利用時は料金が別途必要。
ロゴ非表示:500円/月、など。参考→BASE Apps
Yahoo!ショッピング 無料 クレジット決済は3.24%~3.64%、
後払い決済は6%
Tポイント原資(2.5~16.5%) + アフィリエイトパートナー報酬原資(1~50%) + アフィリエイト手数料(報酬原資の30%)が別途必要/件。
コンビニ決済の場合は別途支払手数料を150~300円/件を購入者が負担
カラーミーショップ エコノミープラン:税込900円/月
レギュラープラン:税込3,240円/月
ラージプラン:税込7,800円/月
クレジット決済は4~5%(最低手数料は法人の場合、税別2,500円)、後払い決済は4%(最低手数料は法人の場合、税別1,000円) + 封書代180円/件 など、決済方法によって異なる。 カラーミーショップの決済システムはカラーミーペイメントというサービスで稼働、内容はイプシロンと同等。
どの決済方法も最低手数料/月が発生。売り上げ手数料の合計が最低手数料より大きい場合は売り上げ手数料の合計が手数料/月になる。決済サービスページの「料金案内」タブ内参照。

サービスの特長

サービス毎の特長は下記の通りです。特筆した方がいいと思ったものを入れてます。

サービス名 特長
STORES
BASE
Yahoo!ショッピング
カラーミーショップ

さいごに(雑感)

STORESは980円/月で大抵の機能が使えるようになりますが、BASEに比べると手数料は高めです。BASEは手数料が最安で、無料で使える機能が豊富な印象ですがロゴの非表示とHTML編集機能を使うと1,400円/月かかります。一方、Yahoo!ショッピングは付加される手数料の項目が多い印象ですが、やはり知名度が高いのでアクセスしてもらえる可能性は高いのかもしれません。カラーミーショップは業界最安の印象がありましたが、最近リリースされたサービスと比べると割高に感じます。

別途ランディングページを用意するなどして補強するならSTORESもしくはBASEがちょうど良い印象です。今の時点ではYahoo!ショッピングに出店してメリットが出るのは広告費を多く出せるところだけのような気がしますがいかがでしょうか。

結論として「ココが一番いい」とは言い難いので、ネットショップ開設を予定されている事業担当者の方は売価や利益率、商品タイプに合わせてご検討ください。

ちなみにSTORESを使用してみたので、個人的に思う、サービスをえらぶポイントをさいごに。

アクセスされやすいかどうかはともかく、毎日の作業上自然と気持ちが上がるような、使いやすいサービスをえらぶのが一番重要だと考えます。

Author

  • Shinichi Kuroda - 黒田晋一
  • 香川県高松市 - Takamatsu-shi, Kagawa, Japan.
  • Mail - info@studiobusstop.com